キャッシングの取扱い

キャッシングというシステムは非常に便利です。私も何度も利用したことがあります。
カードでお金がすぐに現金で手に入ります。カードショッピングしているようなもので、現金を買い物しているような感覚になります。
しかし、取扱いは非常に難しいものです。
まず利息計算がよく分かりません。分割やリボにすれば負担なく返していけると思ってしまいます。毎月の手数料も借りた額を考えれば安いものだという思考にも陥ります。
ただしこんなことは大した怖さではありません。しっかり納得して借りて、きっちり返せばいいだけです。
本当の怖さとは、借り続けてしまうということです。
何もないところから現金が出てくる、毎月定額を返せば問題ないという思考に陥り、安易に借り続けるというスパイラル。返す額は少額定額なのに借りるときは10万単位、ということで減っていきません。結局常に限度額一杯に張り付いてしまいそこからなかなか抜けられなくなってしまうのです。せっかく10万返して、「この調子でいけば」と思ってしまっても、誘惑に負けて結局また限度一杯借りてしまうという無限ループのような恐ろしさがあるということを十分理解した上で利用するべきでしょう。
私も散々な目に合って、今はキャッシング自体を未設定で出来なくするということで落ち着きました。

コメントは受け付けていません。